+K+





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

期待 :: 2012/05/19(Sat)

ちょっと前に、
39になり、
あと1年で40代へ突入。

29の時は、
30代になるのがイヤでガッカリしたもんだけど、
30になった時、意外にもすんなり受け入れられた。
まー、35超えたあたりから、
「40です」って言ってもいいやーってくらいの気楽さが出てきたけど。

前日の夜、
夫が仕事で忙しく帰宅が遅かった。
夕飯、入浴を終えたらもう12時過ぎてて、
私の誕生日になった。

特に・・別に・・期待はしていない。
この歳だもの、
別に「はっぴばーすでー!!」って盛り上がらなくてもいいのだ。
でも。。
ちょっと一言は欲しい気持ちもうっすらあり。。

12時半になる。
夫は寝酒の焼酎をぐびぐび飲み、犬と就寝前の遊びをしている。

(期待はしてないけど・・覚えてるのかしら)やや不安になる。

去年までは深夜になろうが、夜中になろうが、朝になろうが
「お誕生日おめでとう」って言ってキスをしてくれた。
キスはいらないんだけど(マジで)
一言その”覚えている”っていう証拠が欲しいだけなのだ。

心の中で
(いや、私から言うのもなぁ。。かと言って。。うーん)葛藤が始まる。

「あ、12時半か。もう寝ようかな。日付も変わったし」って
あやふやな変化球を投げてみたら、
やっと気が付いたみたいに、

「ああ、日にち変わったかー。39?39かー」
「よし、じゃぁ寝るかー」


終了


終わり?え?まじで?
つか、あんた、39をバカにしてない?

モヤモヤしつつも、朝を迎え、弁当を作った。
起きたての夫は無言のまま、コーヒーを飲み、出かけようとしているので、

「ね、誕生日おめでとう。って言ってくれない?」

って、直球を投げて、
オウム返しに言われたおめでとうは、ちっとも嬉しくなかった。
当たり前だよな。
言わなきゃよかったな。
期待しなきゃよかったな。って、自分で言っておいて反省。。

実は、その誕生日の日は、私たちが入籍した日でもある。

イベントが苦手な私だけれど、
誕生日、いや、入籍日って大事だと思うわけよ。
結婚記念日(式をした日)は別にどーでもいいわけ。
入籍よ、性が変わって妻になった日よ。

だからと言って、出かけよう、とかそういうんじゃなくて、
夫から「夕飯はなしでいいよー、出前でもとろうよ」とかね言えないかな?って。
外出でごはんじゃなくてさ、出前でいいわけよ。
天丼とかピザとかさ。

家事は休んでゴロゴロでもいいじゃん。的な発言、

気遣いがないのか?と。


ハァ・・怒りというか、私のワガママでもあるのだろうか。。
なぜ、彼、夫はそこまで気が付かないのだろうか。

まぁ、そんなこんなで、
その日は天気が最高に気持ちよかったので、
(あとでコンビニケーキ買って食べようかな・・)って考えつつ、
布団を干していたら電話が鳴った。


「誕生日、おめでとう。元気にしてる?
 今日誕生日だもんね。久しぶりに声聞きたくてね」

って、母親からの電話でびっくりっていうのと、上の事があったりと、
親、ましてや、母親の口から”おめでとう”って言われるとは一切思ってなかったので


思いっきり・・・号泣してしまった


「え?大丈夫?どうしたの?なに?大丈夫って言うけど、なに?」
って心配させてしまったが、
大したことでもないし、愚痴を言うのもアレだなと思い、
なんでもないよー!大丈夫!って。


母親は、あまり褒めてくれない・めでたいことをあまり受け止めない人
結婚が決まっても一言も「おめでとう」を言ってくれなかったし、
ましてや、誕生日だからって、
今まで1度も、その日に電話をしてこなかったのだ。

このタイミングが偶然、たまたまであっても、
今は素直に、母親から言われたお誕生日おめでとうが、最高に、本当に嬉しかった。
子供ができず、親孝行ができなくて申し訳ない。


・・・・・


そんなこんなで、
ちょっと混乱する誕生日を迎え・・
夫の鈍感さにあきれ・・
結婚10年目を迎え・・
もう期待をするのはよそうと決めたぜぇ~
  1. 日常
  2. | comment:0
<<将来は。。 | top | 視界内>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。